タグ別アーカイブ: LIFE

日本へ荷物を送る

タンザニアから日本へ、航空便、船便などの他、EMS、DHLなどで荷物を送れます。

ダルエスサラームの中央郵便局(Posta)からEMSを送った時のTIPSを紹介。

  • 荷物は、現地で封をする
  • 送り元と送り先を、大きく紙にかいて荷物にはる準備をしておく
  • タンザニア シリングを用意する

まずEMSのカウンターに並びますが、最初に必要なのが税関チェック。正面向かって右手の建物内の税関でチェックをしてもらい書類を貼り付ける必要があります。くれぐれも、僕のように封をしていかないようにしましょう。

税関申告書を貼り付けたらガムテープで封をして、宛名と送り主を書いた紙を貼り付けます。EMSのフォームは担当者がパソコンに入力する方式のようです。電話番号忘れずに。

最後の支払いは、TSHです。先日送った時は 8.5kg で 約20万TSH(15000円ぐらい?)。重さできまるようですので、飛行機の預け荷物利用などと比較して、便利に使いましょう。

広告

ダルエスサラームの4月の豪雨

今月、4月11日金曜、12日土曜と二日間降り続いた豪雨により、タンザニアの首都ダルエスサラームなどで死者が出てるとのニュースが。少なくとも32名が死亡、家を失った人が2万人というようは報道が。

時系列にいくつかニュースサイトを紹介。3 つ目には写真も複数入っています。

実は昨年旅行に行った時も、豪雨の直後で、建設途中のビルが崩壊した後や、首都の道路の一部は水が排水されないままになっているのを見ました。毎年4月は旅行とかには適さないシーズンということになってしまうかなぁ?昨年5月中旬にいったときは、落ち着いてはいたのですが。あと10年前には、ここまでの被害があるような大雨ってなかったように記憶します。世界的な異常気象の一つなのかと(勝手に)感じます。

おなくなりになった方の、ご冥福を祈り、一刻も早い普及を願いします。

# 友人の周りは、被害にも合わずにすんだ事は、不幸中の幸いでした。

東アフリカニュース 2013秋

ここ最近2ヶ月に一回ぐらいの確立で、ウガンダ、ケニアとかに行った事がある人に出会います(協力隊をのぞく)なかなか良い確立ではなないかと!?またブログ見て、タンザニア行くよというメールも2回ぐらいもらったり(うれしい!)。ゆっくりとではありますが、着実に近しい国々になっているのではないでしょうか?

さて久方ぶりにですが、目に入ってきたニュースを5つ程まとめて紹介します。

水中ホテルがペンバ島にオープン

タンザニアのインド洋に浮かぶ島のひとつ「ペンバ島」。ここのホテルが新しい部屋を一室オープンとの事。完全なリゾートですね。僕のペンバ島は貧しいイメージがあったのですが、Web見ると、現地支援も行いながらという感じで活動してるみたいです。

このUnderwaterルームの宿泊の際には、一泊$750/人が「プラス」されるとの事。すっごいスペシャルな出来事があれば泊まろうと思えるかなぁ(笑

なお、水中ホテルを専門にする会社が世界にあるという事実も驚きでした。Underwaterな動画が見てみたいです。

the manta resort

東アフリカニュース 2013秋 の続きを読む

タンザニアでモバイルデータ通信

これからタンザニア行ってきます!という際に気になる、現地のデータ通信事情。2013年の自分の情報&経験より、まとめてみます。どんどん変わる分野なので、一年後には全然状況が変わってるかもしれませんね。

ノートパソコンや、iPadを接続するにはという視点で書いてますが、ノート1台だけなら充電不要なUSBスティック。iPadや数人で移動するなればWiFiルーターが安価でいいのではないかなぁと思います。

3G?WiFi?

大まかに考えるとこの3G使うかWiFi使うかで、計4つ。忙しいビジネスマンとかだと3Gが使えるのがBetterですね。

  • 3Gデーター通信 現地契約
  • 3Gデーター通信 ローミング&スマホでテザリング
  • 街中のWiFiホットスポット
  • ホテルのWiFiスポット

日本ですと、スマホとかWiFiルーターの常時接続契約というのが一般的かと思います。タンザニアでも状況は、ほぼ同じでして、スマホもWiFiルーターも販売されています。4Gとはいいませんが、3G/3.9G?あたりまで出てるようです。ローミングは1日単位で数千円すると思うので、3日以上滞在するのであれば、現地契約を考えるのがいいかと思います。
タンザニアでモバイルデータ通信 の続きを読む

タンザニアのコンビニ

タンザニアはムトワラの”コンビニ”を紹介。コンビニとはいうものの、街の小さな商店レベルなので24H開いてるわけではないです、すいません。が、ですよ。見てください、この品揃え!

WP_004783

冷蔵庫があって、洗剤・トイレットペーパー・チリソースなどが常備。ちょっと飲み物おおいですけどね。ちなみにビン(700Tshぐらい)が主流でコカコーラとかがあり、ペットボトル(1000Tshぐらい)のほうが値が張ります。紙パックの100%ジュース系は、南アフリカからの輸入です。1L:3500Tshぐらいしますが、おいしいです。

WP_004784

味はそこそこですがパンも売ってて、インド系の手作りお菓子も豊富です。ムトワラでリンゴが買えるっていうのが物流が良くなった事を痛感させてくれます。昔は、高地の内陸(ムベヤとかンジョンベとか)とダルエスサラームでしか売ってなかったんですよね。

そんな食べ物の話の最後で申し訳ありませんが、お店の裏手の写真も一つ。いや、どーしても宿までガマンできなかったので。。。

WP_004779

詳細にみよーと思った方は、クリックしてみてください。

ちなみに、工事の現場は見てませんが、いっぱいになると埋めて別の場所に新しい穴を掘るとか聞いています。下水施設とかないですから、いちばん無駄がないかもしれません。ただ、先日読んだ本にもありましたが、衛生的ではないケースが多い見たいですので、今後、いろいろと改善されていくかと思います。

なお、安いゲストハウスでも和式スタイルの水洗タイプが多いので、この手のものは旅行では、あまり目にしないかもしれません。みたいと思った人は、旅先のコンビニとかで聞いたら、気軽に貸してくれると思いますよ。

タンザニア・アフリカ本(1)

本ネタを少々。ネットに情報が溢れてても、やはり本はチェックがかかせないアイテムです。最近読んだものから、5月の旅行前まで4つほどさかのぼりながら紹介です。

次の4冊を紹介。まだまだ本棚には4冊ほど控えてるので、半年後ぐらいには追加できそうと思い (1) と付けてみます。

  1. 経済大国アフリカ 平野克己
  2. 世界へはみ出す 金城拓真
  3. カリブタンザニア 2012/13 JAPAN TANZANIA TOURS
  4. 地球の歩き方 東アフリカ ’12~’13

経済大国アフリカ

経済大国アフリカ 平野克己 中公新書

アフリカのまさに「今」を考察しつくされた衝撃の一冊!といいきっていいのではないでしょうか?中国、世界各国からの国際援助などから外側の情報からアフリカを見る、という流れで全編すすんでます。それらを進める中で、説明される図表がどれも適切でわかりやすい。僕が現地にいた2002年頃と2013年のアフリカが、まったく違う時代に入っている事が、ありありと統計情報などから理解する事ができました。また国際援助というものの理解をするにも良本だと思いまし、今後のビジネスを考える上でもオススメ。

アフリカの話というだけではなく、未来の人類の行き先を考える一助になるんではないかと、個人的には感じてます。ちょっと何冊か、周りに配ってみて感想集めたいぐらいです。タンザニアはムトワラで紹介してくれたMさんに感謝です。個人的には、第5章・第6章が大変エキサイティングに読めました。

世界へはみ出す

世界へはみ出す 金城拓真 ディスカバー・トゥエンティワン

すごい!面白い人がいる。というのが読み始めたときの感想。2007年にタンザニアから、アフリカでのビジネスをスタートさせた金城さんの自伝。このブログでも何度か取り上げさせていただいた、こちらのブログの方です。

素晴らしいと感じたのは、スタッフとの関わる姿勢。家族のような接し方というのを実践されてるように感じました。もし自分が現地会社の社長だったらどうするだろう???と考えながら読んでたのですが、金城さんが実践されてるようなアイデア(というか行動)は、(日本が長すぎるのか)浮かんでこなかったです。成功しているには、理由があると感じました。

タンザニア在住のようなので、次に行ったときには、お会いしたいです(どうやって会うかは、またイロイロ試行錯誤)。

カリブタンザニア 2012/13

カリブタンザニア 2012/13 JAPAN TANZANIA TOURS

タンザニアを旅行する人には、是非、手にとってもらいたい本です。福井近郊にお住まいで、近くに来てもらえれば僕の一冊貸し出しOKです!5月・6月の旅でお世話になったJATAツアーズさんが発刊してる「日本語のタンザニア旅行本」です。

何より一番なのは、タンザニアへの「愛」だと、僕は感じてます。人や文化に対する「愛」を感じるコラムが良いんです。いや、本当に。旅行に行く予定なくても読んで欲しいです。旅行情報は十分。これで足りなかったら、本に書いてない事で。。。と、日本語で問い合わせればOK(笑)

タンザニアでは、JATAツアーズさんのオフィス(ダルエスサラームのポスタ近く)、日本では、旅行会社マイチケットさんから購入できます。

執筆者の方のブログエントリー(ガイドブック『カリブタンザニア』ができるまで)もありました。

地球の歩き方 東アフリカ

地球の歩き方 東アフリカ ’12~’13 ダイヤモンド社

昔から、海外旅行に行くときに、最初に買う一冊です。ないとダメかといわれれば、なくても大丈夫なんですけど、あると安心ですし、カバーされてる国が多いので、必然と気になります(笑)。

’12~’13年度版は、ウガンダ・エチオピア・ケニア・タンザニアとなっており、カラーページは、サファリ(動物を見に行く国立公園ツアー)とエチオピアが中心のため、タンザニア・ケニアの文化をっていう面には、ちょっと残念な感じ(あ、エチオピアの情報は良いです)。サファリ本を別に出してくれれば良いじゃんと思ったり。ですが、ざっくり主要都市を網羅されてて日本語の地図が付いてるのと、宿情報がついてるのは、やはり安心です。地図見て、あー、ここ10年で変わったんだ。なんて思いながら行きました。

いまだと、Webで旅仲間に聞くのも良さそうですね。

ダルの交通渋滞

過去ポストにて、どこも交通渋滞が酷いと書きましたが、見ないことにはわからん!と思いまして動画をUPしました。売り子さんも出てきたりと8分程度の動画ですので、お楽しみいただければ。

ちなみに、これを撮影した交差点周辺の渋滞緩和の為、日本の資金援助が決まったようです。

中を読むと「~ダルエスサラーム市内で最も混雑の激しいタザラ交差点を立体交差化するための支援~」とあります。「立体交差」が、タンザニアにやってくるとは、ビックニュース!と一人喜んでいます。タンザニア初なのではないでしょうか?

旅の途中でナイロビの立体交差を見て、やっぱり経済発展してるところはすごいなぁ、なんて思ってたとこだったので。

渋滞の解消に有効な対策となるプロジェクトになりますように。