タグ別アーカイブ: BUSINESS

@Africa 二本目の寄稿をしました

今月も新しい記事を寄稿させていただきました。

前回とは、ちょっと違ったテイストで、現地のテック事情的な切り口で書いてみています。

どこの国にも、このような楽しい空間があるのは大切ですね。自分の身近な生活圏にもあるといいなー(つくりたいなぁー)

広告

イノベーション・プライズ・フォー・アフリカ2014 ファイナリスト10名

ICT for Development.JP

innovation prize for africa

先日、ガーナの新聞を見ていたら、Innovationって文字が目に入りました。読んでみると、「Innovation Prize for Africa 2014」というコンペティションで、アフリカ42カ国からの約700件の応募の中から、最終的にファイナリスト10名が決定したというもの。

最優秀賞には、100,000USDの賞金、その他にも、商業性に優れた事業と社会貢献度に優れた事業にも、それぞれ25,000USDの賞金が与えらる。

どんな事業が選ばれているのか?と思い見てみると、10件中3件(下記)がICT4Dっぽい事業でした。

  • Elise Rasel Cloete (South Africa) –  GMP Traceability Management Software CC: This software is programmed to capture, store and trace data about livestock and enables data to be captured in real-time. The data is linked to the unique visual ear tag and stored on the system/remote server.(家畜の耳につけるタグを通じて家畜に関する各種情報を一元管理するソフトウェア)
  • Joshua Okello (Uganda) –  WinSenga: This innovation is a low-cost mobile phone based antenatal diagnosis kit that captures fetal heart beat sounds and provides diagnosis which is sent to the mother through SMS. The data can also be uploaded to cloud storage.(携帯電話を活用し、胎児の心臓音を拾って診断結果をお母さんにSMSを使って通知するシステム)
  • Maman Abdou Kane (Niger) – Horticultural tele irrigation: The “Horticultural Tele-Irrigation system is a technological process that allows growers to remotely control their market garden irrigation system through a mobile or landline regardless of geographic location.(携帯電話や普通の電話で、遠隔地からも灌漑設備をコントロール出来るシステム)

アフリカに行ったことがない方々からすると、上記のいずれもが、「へー、アフリカで・・・・」と思えるものじゃないかと思います。思いのほか進んでますね、アフリカ。

このコンペティションを実施している団体のコメントとして、「アフリカが直面している問題解決のためのソリューションはアフリカから誕生する(best solutions to the challenges Africans face on a daily basis can and will…

元の投稿を表示 さらに6語

アフリカHubマップ

スタートアップの為のCo-workingスペースtechhub 。ロンドンで2010年スタートした施設に近いものをまとめたアフリカ地図サイトを紹介。アフリカ各国、ほぼ1つ以上のスペースが登録されています。

NairobiのKenyaが一番?と思ったのですが、SouthAfricaがCapeTown, Johannesburgの2都市を抱え一番登録が多そうです。Tech系のエンジニアの数とも関連性ありそうですね。

カテゴリーが、TECHNOLOGY、BUSINESS INCUBATORS, UNIVERSITY, HACKERSPACES と4つ。タンザニアを見てみると3つのスペースが登録されていました。

アフリカHubマップ の続きを読む

タンザニアでモバイルデータ通信

これからタンザニア行ってきます!という際に気になる、現地のデータ通信事情。2013年の自分の情報&経験より、まとめてみます。どんどん変わる分野なので、一年後には全然状況が変わってるかもしれませんね。

ノートパソコンや、iPadを接続するにはという視点で書いてますが、ノート1台だけなら充電不要なUSBスティック。iPadや数人で移動するなればWiFiルーターが安価でいいのではないかなぁと思います。

3G?WiFi?

大まかに考えるとこの3G使うかWiFi使うかで、計4つ。忙しいビジネスマンとかだと3Gが使えるのがBetterですね。

  • 3Gデーター通信 現地契約
  • 3Gデーター通信 ローミング&スマホでテザリング
  • 街中のWiFiホットスポット
  • ホテルのWiFiスポット

日本ですと、スマホとかWiFiルーターの常時接続契約というのが一般的かと思います。タンザニアでも状況は、ほぼ同じでして、スマホもWiFiルーターも販売されています。4Gとはいいませんが、3G/3.9G?あたりまで出てるようです。ローミングは1日単位で数千円すると思うので、3日以上滞在するのであれば、現地契約を考えるのがいいかと思います。
タンザニアでモバイルデータ通信 の続きを読む

東アフリカニュース 2013.08

ここ最近、読んだニュースをいくつか。ここ半年で、日本での扱いもどんどん動いてるようにも感じますが、気のせい!?

経済産業大臣が東アフリカへ

お、TICAD効果かな。経済産業大臣が、タンザニア・ケニアを訪問。5日間という旅程の為、各国1日ずつの訪問と思われます。強行スケジュールお疲れ様です!贅沢いえば、大臣の生の感想が、どこかで読めたらうれしかったのですが。たぶん、初めての東アフリカ訪問だったのではないかと。

興味深いのは、”15社・5機関、60人からなる日本企業ミッションが同行”という点。政治的な話だけじゃないですよというのが、TICADの安倍首相が約束してたところと一致してるように感じました。また、ジェトロ・
ダルエスサラーム事務所再開!と。ケニア管轄から一歩広がりそうです。今後、どんな日本の企業が進出していくのか楽しみです。

「ダルエスサラームの海辺から」では、現地の新聞が、どのように取り上げてくれたのかが日本語で紹介されていますので、こちらもまた必読です~

# 経済産業大臣、もう3日増やして、こんどはウガンダ・ルワンダにも足を伸ばされるといかがでしょうか?

ザンジバルでの事件

ちょっとショックが大きい事件です。ダルエスサラームから船でいったところにある、ザンジバル島。実は、タンザニアは、アフリカ大陸のタンガニーカと、このザンジバルの連合国なんですが、ザンジバルはムスリムの人が多く、ストーンタウンという世界遺産もあり、観光客が多くくるリゾートができる島なんです。

このザンジバル島で、18歳の英国人女性2人が強酸をかけられるという事件が8月7日に起きたとの事。二人はi-to-i Volunteeringというボランティアで英語を教えにきてたところだったとのこと。警察の発表では、ザンジバル島でのこの手の事件は初めてとの事。病院には、キクウェテ大統領も慰問に訪れたともあります。

原因までは追いかけて調べてないのですが、大変残念な事件です。

空港で大規模火災

8月7日に、ナイロビのジョモ・ケニヤッタ空港で大規模な火災があったとのニュース。写真をみるとわかるのですが、大変な惨事だったようです。幸いにも怪我人は2名しかいないような話ではありますが。

6月に使った空港を、このような写真で見ることになるとは。。。前述の経済産業大臣の出張前の出来事だったので、日程変更もとの記事もありましたが、無事ケニアにはいけたもようで良かった。

ただ2週間ばかし経ってるのに、なにも追加の情報が出てないですね。現在は、どのようにして運営されているのだろうか気になります。

タンザニア・アフリカ本(1)

本ネタを少々。ネットに情報が溢れてても、やはり本はチェックがかかせないアイテムです。最近読んだものから、5月の旅行前まで4つほどさかのぼりながら紹介です。

次の4冊を紹介。まだまだ本棚には4冊ほど控えてるので、半年後ぐらいには追加できそうと思い (1) と付けてみます。

  1. 経済大国アフリカ 平野克己
  2. 世界へはみ出す 金城拓真
  3. カリブタンザニア 2012/13 JAPAN TANZANIA TOURS
  4. 地球の歩き方 東アフリカ ’12~’13

経済大国アフリカ

経済大国アフリカ 平野克己 中公新書

アフリカのまさに「今」を考察しつくされた衝撃の一冊!といいきっていいのではないでしょうか?中国、世界各国からの国際援助などから外側の情報からアフリカを見る、という流れで全編すすんでます。それらを進める中で、説明される図表がどれも適切でわかりやすい。僕が現地にいた2002年頃と2013年のアフリカが、まったく違う時代に入っている事が、ありありと統計情報などから理解する事ができました。また国際援助というものの理解をするにも良本だと思いまし、今後のビジネスを考える上でもオススメ。

アフリカの話というだけではなく、未来の人類の行き先を考える一助になるんではないかと、個人的には感じてます。ちょっと何冊か、周りに配ってみて感想集めたいぐらいです。タンザニアはムトワラで紹介してくれたMさんに感謝です。個人的には、第5章・第6章が大変エキサイティングに読めました。

世界へはみ出す

世界へはみ出す 金城拓真 ディスカバー・トゥエンティワン

すごい!面白い人がいる。というのが読み始めたときの感想。2007年にタンザニアから、アフリカでのビジネスをスタートさせた金城さんの自伝。このブログでも何度か取り上げさせていただいた、こちらのブログの方です。

素晴らしいと感じたのは、スタッフとの関わる姿勢。家族のような接し方というのを実践されてるように感じました。もし自分が現地会社の社長だったらどうするだろう???と考えながら読んでたのですが、金城さんが実践されてるようなアイデア(というか行動)は、(日本が長すぎるのか)浮かんでこなかったです。成功しているには、理由があると感じました。

タンザニア在住のようなので、次に行ったときには、お会いしたいです(どうやって会うかは、またイロイロ試行錯誤)。

カリブタンザニア 2012/13

カリブタンザニア 2012/13 JAPAN TANZANIA TOURS

タンザニアを旅行する人には、是非、手にとってもらいたい本です。福井近郊にお住まいで、近くに来てもらえれば僕の一冊貸し出しOKです!5月・6月の旅でお世話になったJATAツアーズさんが発刊してる「日本語のタンザニア旅行本」です。

何より一番なのは、タンザニアへの「愛」だと、僕は感じてます。人や文化に対する「愛」を感じるコラムが良いんです。いや、本当に。旅行に行く予定なくても読んで欲しいです。旅行情報は十分。これで足りなかったら、本に書いてない事で。。。と、日本語で問い合わせればOK(笑)

タンザニアでは、JATAツアーズさんのオフィス(ダルエスサラームのポスタ近く)、日本では、旅行会社マイチケットさんから購入できます。

執筆者の方のブログエントリー(ガイドブック『カリブタンザニア』ができるまで)もありました。

地球の歩き方 東アフリカ

地球の歩き方 東アフリカ ’12~’13 ダイヤモンド社

昔から、海外旅行に行くときに、最初に買う一冊です。ないとダメかといわれれば、なくても大丈夫なんですけど、あると安心ですし、カバーされてる国が多いので、必然と気になります(笑)。

’12~’13年度版は、ウガンダ・エチオピア・ケニア・タンザニアとなっており、カラーページは、サファリ(動物を見に行く国立公園ツアー)とエチオピアが中心のため、タンザニア・ケニアの文化をっていう面には、ちょっと残念な感じ(あ、エチオピアの情報は良いです)。サファリ本を別に出してくれれば良いじゃんと思ったり。ですが、ざっくり主要都市を網羅されてて日本語の地図が付いてるのと、宿情報がついてるのは、やはり安心です。地図見て、あー、ここ10年で変わったんだ。なんて思いながら行きました。

いまだと、Webで旅仲間に聞くのも良さそうですね。

ダルの交通渋滞

過去ポストにて、どこも交通渋滞が酷いと書きましたが、見ないことにはわからん!と思いまして動画をUPしました。売り子さんも出てきたりと8分程度の動画ですので、お楽しみいただければ。

ちなみに、これを撮影した交差点周辺の渋滞緩和の為、日本の資金援助が決まったようです。

中を読むと「~ダルエスサラーム市内で最も混雑の激しいタザラ交差点を立体交差化するための支援~」とあります。「立体交差」が、タンザニアにやってくるとは、ビックニュース!と一人喜んでいます。タンザニア初なのではないでしょうか?

旅の途中でナイロビの立体交差を見て、やっぱり経済発展してるところはすごいなぁ、なんて思ってたとこだったので。

渋滞の解消に有効な対策となるプロジェクトになりますように。