スワヒリ語 リソース

スワヒリ語は、東アフリカでポピュラーな言語で、タンザニア・ケニアを中心に、ウガンダ・ルワンダでも使われています(こちら4カ国は、個人的にも各首都でお試し済み。コンゴ民主共和国 : DRC でも東側では話されているとか。南スーダンは無いだろうなぁ)。

とはいえ、国によって少しずつ違うスワヒリ語を使うようです。隣の国のスワヒリ語が伝わらないというレベルではありませんが、一種の方言のような感じらしく、そのスワヒリ語はタンザニアで習ったなと言われたりも(ナイロビでの出来事)。オモシロイ。

辞書・翻訳

さて、そんなスワヒリ語を学ぶのに、たまに欲しくなる辞書。昔々、ダルエスサラーム大学から出版されていた辞書が、いまオンライン化されています。素敵すぎる! 2000年ごろの辞書ですが、あるかないかじゃ大きな違いですね。

Taasisi ya Uchunguzi wa Kiswahili ( TUKI ) , Institute of Kiswahili Research , University of Dar es Salaam

そしていまなら、Googleでも翻訳できちゃうのですね。

コンピュータ用語

普段思うのは、プログラミングとかも(専門用語以外は)母国語で覚えるといいのじゃないかと言うこと。僕自身、日本語のリソースが山のようにあって、頭に入ったという経験もあり。

コンピュータ用語などを説明しているサイトをいくつか探してみた。

うーむ、母国語じゃない言語で、コンピュータ用語を母国語で説明しようという試みは、なかなか簡単ではありませんな。キニャルワンダ語も、できればやりたいのにw まずは、どの国でも伝わる簡単な英語をしっかり用意するところが肝要かもしれません。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください