新聞スタンド

東アフリカ三カ国いずれの首都でも見た風景が新聞スタンド(勝手に命名)。新聞を売ってる露天の販売店です。おもしろいことに、どの国でもおんなじ販売方法されていました。

ウガンダ

NewsPaperStand at Uganda

RedPapper社の赤いスタンドが目をひきますね。首都カンパラはコンパクトシティということもあり、けっこう町の至るところでめにしました。

英字新聞が一番種類が豊富で、次がスワヒリ語。そして、ウガンダで多く話されているブガンダ語?の新聞も一つありました。


ケニア

NewsPaperStand at Kenya

ところ変わってナイロビの風景。種類が多い!というのが最初の印象ですが、結構、雑誌も多く並べてました。でも、経済規模を考えると他の国とは相対的に多いかもしれません。

英字新聞とスワヒリ語新聞の2種類ですね。英字新聞は主に経済系を扱ったものがおおいように感じました。

タンザニア

文章だけになりますが、ダルエスサラームも同じような感じで販売されています。ただスタンドというよりもワゴンにのっけて販売している店が多かったかな。

どの国も雑誌は、バックナンバーというか最新号でなくても売ってたりするので、よく話して買うのがいいかも。新聞は、常に最新だったと思います。

スワヒリ語やブガンダ語は読むのが個人的には難しいんで、見て楽しもうかと思って一つずつ買って帰りました。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください