TICAD 2013 の状況をネットで確認

そういえば旅の出発から本日でちょうど一ヶ月。いつも読んでいただける方、FB更新フィードで気づいた方、検索してヒットした方、皆さんありがとうございます!。

さて旅行中に興味があったのが、横浜で6/1~3に開催されたTICAD V(第5回アフリカ開発会議)。当時はタンザニアにおり、現地の友人がブログを教えてくれたり、他の人からも話を少し聞いてました。日本のニュースでは結構取り上げられたのでしょうか?

いまさらですが、Webでニュースをいくつか読んでみました。安倍総理の勢いのある数値目標はうれしいと感じる中、対アフリカ50カ国の会議って、壮大すぎて一カ国でハンドルする事業なの?という思いもよりぎるイベントです。

個人的には数年に一度の大きなイベントよりも、全国紙に必ずアフリカの東西南北ニュースが1つずつ載るぐらいがうれしいなぁと感じつつ。

各種リンクと個人コメント
最初に読んだ次の記事に、協力隊の話にも触れられたとあり、少しうれしさもありました。累積の人数も出して欲しかったなぁ(笑)。

安倍総理の基調演説から始まったTICAD。本当に多くの要素について話合われてますが、基調講演、TICAD Vの主な支援策(日本の支援策(PDF)」にあるところから考えるに、「人を出し、人を育て、人を招く」という点が印象的かなぁと感じました。お金はもちろん、必要なものですが、実際に人々が行きかわないと、お互いに遠い国のままだと思うのです。これは、10年ぶりに再訪してみて強く感じた事と一致します。

民間投資について強く触れられてる所は、良くもあり悪くもありというとこかなぁ。民間としてアフリカみた事がないので良くわからないのですが、政府はもっとやらなければいけない事がある気がします。民間の役割を強調するのだから、政府も自身の分野を整備していくっていう姿勢ではあると思い、そちらを期待します。

あと、援助・支援をしてるから良いではないという点、相手国からも抗議を受ける形もあったのですね。次の記事を読んで、理念として掲げるだけではなく、きっちりと考えるポイントだと改めて考えさせられました。

東アフリカの各国首脳・代表との会談概要

まだ行った事がないルワンダ・ブルンジと共に、東アフリカ各国との安倍総理の対談ページのご紹介です。他の国々との会談はこちらに。

多くの首脳がいる中の二国間会談ということで、それぞれ15~30分の短いものではありますが、どんな事を話題にしたのかの概要が数行ずつかかれています。安倍総理は、何人かの代表の方には数年前にお会いされてるというのが印象的でした。

いろいろ読みながら、年内?年度内?に、総理の東アフリカ各国訪問など、実現するとおもしろいなぁと思いました。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください