スワヒリ語 リソース

スワヒリ語は、東アフリカでポピュラーな言語で、タンザニア・ケニアを中心に、ウガンダ・ルワンダでも使われています(こちら4カ国は、個人的にも各首都でお試し済み。コンゴ民主共和国 : DRC でも東側では話されているとか。南スーダンは無いだろうなぁ)。

とはいえ、国によって少しずつ違うスワヒリ語を使うようです。隣の国のスワヒリ語が伝わらないというレベルではありませんが、一種の方言のような感じらしく、そのスワヒリ語はタンザニアで習ったなと言われたりも(ナイロビでの出来事)。オモシロイ。

辞書・翻訳

さて、そんなスワヒリ語を学ぶのに、たまに欲しくなる辞書。昔々、ダルエスサラーム大学から出版されていた辞書が、いまオンライン化されています。素敵すぎる! 2000年ごろの辞書ですが、あるかないかじゃ大きな違いですね。

Taasisi ya Uchunguzi wa Kiswahili ( TUKI ) , Institute of Kiswahili Research , University of Dar es Salaam

そしていまなら、Googleでも翻訳できちゃうのですね。

コンピュータ用語

普段思うのは、プログラミングとかも(専門用語以外は)母国語で覚えるといいのじゃないかと言うこと。僕自身、日本語のリソースが山のようにあって、頭に入ったという経験もあり。

コンピュータ用語などを説明しているサイトをいくつか探してみた。

うーむ、母国語じゃない言語で、コンピュータ用語を母国語で説明しようという試みは、なかなか簡単ではありませんな。キニャルワンダ語も、できればやりたいのにw まずは、どの国でも伝わる簡単な英語をしっかり用意するところが肝要かもしれません。

広告

@Africa 二本目の寄稿をしました

今月も新しい記事を寄稿させていただきました。

前回とは、ちょっと違ったテイストで、現地のテック事情的な切り口で書いてみています。

どこの国にも、このような楽しい空間があるのは大切ですね。自分の身近な生活圏にもあるといいなー(つくりたいなぁー)

@Africa に寄稿してます!

新しい、アフリカを日本語で知ることができるメディア@Africaさんへの寄稿させてもらっています。

最初の第一弾は、こちら。

知ってたら良かったーと言われるようなお得情報とか、お・そんな事おこってるんだーというような驚き情報を届けられればと思っています。

三行広告Webサイト in タンザニア

2015年7月は、タンザニアでのビジネスを探しにダルエスサラームに一ヶ月滞在。その時、知ったWebサービスが「三行広告サイト (classifieds)」。ちと適切な表現がわからなかったので適当につけたネーミングですが、結構流行ってるように感じます。以下、4つを並べてみた。

携帯・PC系のアイテムが多いのは予想できるところだけど、不動産情報(Real Estate)・車が多いのが驚いた。携帯番号がメインだから、日本からの連絡はとりにくいかもですが、旅行前に調べるのもありかも。現地の物価とかを、なんとなく知りたいときなどにも使えそうですね。


地域まで絞り込んでリスティングできるところは、次の2サイト。

OLX

olx_top

エリアとしてはダルエスがメインなのかな(市内の地名がトップに並んでいたりする)。Categoriesが最も細かく、サイトの作りも新しい気がするのだけども、情報はこれからだろうか?


kupatana

kupata_top
全国網羅型なのか、ムトワラをクリックしても情報が出てきたりして、少し嬉しかったり。


こちらのサイトは、求人情報やダンスパーティーなどのイベントも載ってるのが面白い。

Zoom Tanzania

zoom_top


こっちは、これから充実していく感じかなぁ?

Wanachuo

wanachuo_top

日本へ荷物を送る

タンザニアから日本へ、航空便、船便などの他、EMS、DHLなどで荷物を送れます。

ダルエスサラームの中央郵便局(Posta)からEMSを送った時のTIPSを紹介。

  • 荷物は、現地で封をする
  • 送り元と送り先を、大きく紙にかいて荷物にはる準備をしておく
  • タンザニア シリングを用意する

まずEMSのカウンターに並びますが、最初に必要なのが税関チェック。正面向かって右手の建物内の税関でチェックをしてもらい書類を貼り付ける必要があります。くれぐれも、僕のように封をしていかないようにしましょう。

税関申告書を貼り付けたらガムテープで封をして、宛名と送り主を書いた紙を貼り付けます。EMSのフォームは担当者がパソコンに入力する方式のようです。電話番号忘れずに。

最後の支払いは、TSHです。先日送った時は 8.5kg で 約20万TSH(15000円ぐらい?)。重さできまるようですので、飛行機の預け荷物利用などと比較して、便利に使いましょう。

ザンジバル ストーンタウン

フェリー乗り場から、徒歩十分程度で、ストーンタウンの街中に入れます。

白壁の建物と、バラエティ豊富なお店が楽しい。お土産屋さんも多種多様なので、目的のものなければ、隣へ行くのが吉かと思います。

最初は、勝手わからずタクシー3000TSHで市内に入りましたが、時間に余裕があれば、ポチポチ歩いても20分程度でオールドタウン反対側まで出れる位の街です。

次きたら、アンティークショップで、ザンジバルドアと、宝箱を買いたいなぁ。

ザンジバル パジェ

ストーンタウンより東へ、タクシーで約一時間。パジェというビーチがあります。ここにあるパラダイス ビーチ ロッジに日曜日まで滞在中。

白いキメの細かな砂の続く遠浅ビーチは、六時間おきに潮が満ち干きを繰り返すそうです。

スタートして23年目のロッジを切り盛りするのは、穏やかなスワヒリ語を話す日本人女性の三浦さおりさん。

お魚が入った時は、寿司20$や漬け丼15$を振る舞っていただけます。パラセーリングしてる人びとや、広い海を見ているとタンザニアとは別の国に来たみたいです。

頭を空っぽにしたら、またダルエスサラームに戻ります!周囲も安全そうなので、家族できたいところですね。

ちなみに、携帯はzantelかairtelが、よく通じるそうです。tigoはデータ通信がほぼ通じない状態で、WiFiのお世話になっています。